妊活中なのに、子どもはそれほど…。原因は高校時代のトラウマだった(1)

アイキャッチ
まっちゃん.
こんにちは。まっちゃん.(@futtekonai)です。

今回から、何回かに分けて「未妊セラピー」体験記を綴ってみたいと思います。

本音丸出し記事です。

私みたいな人もいるんだよ、と言いたくなって書きました。

とはいえ、後になって消すかもしれません。

このブログは、3日に1回、夜20時に更新中。
更新情報はTwitter【@futtekonai】でお知らせ!

子どもは欲しいけど、それほどでもない

イメージ画像

2014年に結婚(イメージ画像)

私は、いま31歳で結婚4年目。

夫と2人暮らしで、子どもはいない。妊活中だ。

一般的に、妊活中の人の悩みは「子どもが欲しいけど、なかなかできない」ことだろう。

かく言う私も、体のリズムにばらつきがあり、すんなり妊娠するタイプではない。

西洋・東洋医学の力を借りながら、妊娠を目指している。

でも、私が妊活において向き合っているテーマは別のところにある。

それは「子どもは欲しいけど、それほどでもない」ことだ。

わかってほしいのは、この件について悩んではいないということ。日常的に心を圧迫するものではないし、「夫や親に申し訳ない」という自責の念もない。こう書くと「あなたは強がってる」と言われるかもしれないが、そうじゃないので、とりあえずつっかからずに読んでほしい。

この気持ちは、今に始まったものではない。

世間では、男女問わず、まだ学生のうちから「早く子ども欲しい!」と将来の家庭像をしっかり持っている人がいる。

私にはそういう強い願望は全然なかった。ぼんやりとした結婚願望だけあった。

結婚しても子どもが欲しくならなかった理由

結婚(イメージ画像)

結婚(イメージ画像)

20代になると、結婚願望がはっきりしてきたし、実際に結婚した。

一方、子どもについては、

「結婚して1年も経てば、夫婦2人では間が持たなくなって、

 子どもが欲しくなるのかな」

と思っていた。

ところがどっこい、我が家は結婚4年目でも、間は持ちまくっている。

夫とは、一緒に生活するのも、旅行するのも、ずっと楽しいままだ。

予想に反して、「子ども欲しい度」のメーターは大きく振れない。

(そもそも、間が持たないから子ども、という自分の発想は、視野が狭く一面的だった)

それに、結婚後の私は、転勤族の妻でもキャリアを諦めない人生の道筋をつけようと、必死だった。

会社を退職する、フリーランスに転身する、東京に引っ越す、

Facebookを通じで新しい人とどんどん出会う、仕事を軌道にのせる…と、

今振り返ると、自分でも感心するくらい、激動の日々にいた。

そりゃあ、子どものことまで頭が回らないのも当然だ。

妊活をスタートさせたきっかけ

イメージ画像

イメージ画像

そんな私も、「年齢」を意識すると、さすがにスイッチが入り始めた。

東京生活が1年を超えた頃、30代を迎えた私に

妊娠・出産と年齢は無関係ではないという事実がリアルに迫ってきて、ゆるやかに妊活をスタートさせた。

妊活を始めてからは、友人や親戚の子どもに会うと、

「子どもって、かわいいな」

「子どもをかわいいと思う気持ちは、私にもあるんだな」と思うようになった。

それに、夫が父親になる姿はぜひ見てみたい。

(夫は子ども欲しいなと思ってる人)

自分の気持ちは、夫にも伝えていて、理解してもらっている。

私の「子どもが欲しい」メーターが振り切ったわけではないけれど、

夫婦としては子どもを持ちたいという方針で行こうと決めた。

「子どもは欲しいけど、それほどでもない」と思いながらも妊活している経緯は、こんなところだ。

2つの気持ちがある=葛藤、ではない

イメージ画像

イメージ画像

「子どもはそれほど」という気持ちも、

「夫を父親にしたい」という気持ちも、

どちらも、自分で認めている正直な気持ちだ。

(元々の自分の気持ちなので、「子どもはそれほど」のほうが強め)

別に、激しい葛藤に苦しんでいるわけではない。

2つの気持ちをどちらかに統一しようともせず、ただ眺める。

時々、一方だけが強くなる。

妊娠していないことがわかった日は、がっかりして

「もう子どもなんかいらん!イヌかネコ飼う!」と言って荒れるし、

ドラマで愛情たっぷりの父親を見ると、子どもと遊ぶ夫を想像して、モチベーションが上がる。

こんな風に気持ちが偏るさまも、一呼吸おいて、眺めてみる。

完璧に成功していなくても、そうやって自分と付き合ってきた。

イメージ画像

イメージ画像

自分の妊活に対するスタンスを詳しく書くと、

このような経緯や現状があるのだけれど、

周囲の人には「そろそろ子ども欲しくて、妊活中なんです」とシンプルに説明してきた。

世の中にはいろんな人がいる。うっかり立ち入られると面倒だと思った。

でも、自分が抱える気持ちの奥行きを表現しきれない、もどかしさも感じていた。

わざわざ人に説明するほどのことではないけど、自分だけでは持て余す感覚があった。

そんな時、

私が妊活をしていることを知っている知人から、こんな言葉をかけられた。

「あなたは追い込まれている」

イメージ画像

イメージ画像

「妊娠を希望してから、
あなたはずいぶん精神的に追い込まれていると感じる」
、と。

青天の霹靂だった。

私の2017年は、子どもは授からなかったけれど、東京に来てから一番楽しい一年だった。

手相を習ってハマった。落語で死ぬほど笑った。念願の東京03のコントを生で見れた。

軽井沢、草津、鬼怒川、有馬、香港、マカオ、東京競馬場の花火、ディズニーシー、日光東照宮、東武ワールドスクウェア…。

今振り返っても感心するほど、よく遊んだ。

仕事も、取材案件を増やしてやりがいが増したし、

姓名鑑定を勉強して自分で決めたビジネスネームも気に入っている。

つまり、精神的に追い込まれている自覚は、ない。

自分の認識では、「追い込まれていない」が99%。

2017年の私の日常を知っている親しい仲間に投げかけてみても、

「言われたことは、気にしなくていいんじゃない?」との見解だ。

私がなかなか妊娠しないこと、そしてSNSの更新頻度が下がったことで、心配されたのかもしれない。

それでも「本当はあの人の言う通りなのかもしれない」という1%が、心にこびりついた。

じゃあ、私の心に影を落としうる要素があるとすれば、何なのか?

思い当たるのは、「子どもはそれほど」という考えだった。

なぜ私は「子どもはそれほど」と思っているのか?

それを知りたくて、

以前から交流がある心理セラピスト・ヒプノセラピストのあなざわゆきさん

「未妊セラピー」を受けてみることにした。

(続く)

まっちゃん.
「子どもを持つこと」を考える際、犬山紙子さんの『私、子ども欲しいかもしれない。 妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました』も読んでみたりしました。

今まで自分一人で悶々と考えてきた方におすすめです!

いろんな女性の考え方・生き方に触れると、視野が広がりますよ。

▼続きを読む▼

妊活中なのに、子どもはそれほど…。原因は高校時代のトラウマだった(2)

2018.01.16

妊活中なのに、子どもはそれほど…。原因は高校時代のトラウマだった(3)

2018.01.19

妊活中なのに、子どもはそれほど…。原因は高校時代のトラウマだった(4)

2018.01.22

▼こちらの記事もおすすめ▼

もし友達が子宮外妊娠や流産になったら、何と声をかければいいのか?

2018.06.09

【自己紹介】アラサーまでやりたいことがなかった「まっちゃん.」ってどんな人?【前編】

2017.12.26

占いが嫌いだった私がアラサーにして「手相」にハマった理由とは?

2018.01.07
このブログは、3日に1回、夜20時に更新中。
更新情報はTwitter【@futtekonai】でお知らせ!

ABOUTこの記事をかいた人

「私の人生こんなもんじゃない!」と思いつつも今はくすぶってるアラサー女子へ。あなたの背中を押す一冊をブックレビューで紹介します。忙しい人もスラスラ読めてわかりやすい記事を書きます。趣味でコミュニケーションツールとして手相を勉強中。本業は法人・個人サイトの文章を取材執筆するライター。目標はブログ月収10万円|1986年生