ほろほろ牛バラ煮込み&どこか懐かしい卵麺が絶品!香港・九記牛腩

まっちゃん.
こんにちは。まっちゃん.(@futtekonai)です。

2017年11月の香港旅行で、脳天を撃ち抜かれるような美味しさの麺に出会ってしまいました。

日本に支店が出ているわけでもないので、もう一度味わうには、わざわざ香港まで行くしかありません。

でも、「あの麺のためだけに弾丸ツアーもアリだな…」と思ってしまうほど、やみつきになる味だったんです!

行列ができる老舗「九記牛腩(ガウゲイ)」の名物牛バラ麺をご紹介します。



その夜、行列を見たのは九記牛腩だけ

九記牛腩はおすすめ観光地(前編)の記事でネコに会った階段の近くにあります

九記牛腩は、おしゃれな店が点在する中環(セントラル)というエリアにあります。

旅行2日目、モンスターマンションを観光したあと、トラムに揺られて中環まで戻ってきた私と夫は、

「どこかよさそうな店があったら入ろうか」とぶらぶら歩いていました。

すると、序盤で遭遇したのが、この光景。

並んでる!

九記牛腩のお客さんの行列です。

何のお店?と近づくと、どうやら麺がメインのお店と判明。

日本語メニューが窓に貼ってあったので、観光客も入りやすそう。

でも…

まっちゃん.
並ぶのか〜…それにまだ歩き始めたばかりだし、他の店も覗いておきたいな…。

と、一度はスルーしました。

その後、ぶら歩きを続けて、中華やイタリアンなど何軒かのお店を見ましたが、

平日にもかかわらず行列ができていたのは、九記牛腩だけ。

まっちゃん.
地元の人も並んでるっぽかったし、やっぱりあの店が気になる!

最初に通りがかってから20〜30分後に九記牛腩まで戻りました。

この時もやっぱり行列が続いてましたが、お客さんの回転は速いらしく、10分も待たずに席に通してもらえました。

名物の牛バラ麺は脳天を撃ち抜かれる美味しさ!

九記牛腩のメニューはこんな感じです。


メニューが豊富で迷う!

私はどこの店に行っても最初はベーシックなのものが食べたいので、数字の若いメニューから探すことに。

そこで4番の牛バラ入り卵麺 特製シャンタン・スープ仕立てに決定!

夫は14番の牛すじ入りカレー卵麺に決まりました。

どちらも51HKD=約709円と庶民的な価格です。

(両替レートは2018年2月12日現在)

 

7〜8人掛けの円卓に案内され、アジア系の3人組と、欧米人カップルと相席。

ちゃきちゃき働く店員さんが、手際よく注文を聞いてくれます。

英語で番号言えば注文通るので、言葉の心配なしです。

そして5分くらいして出てきたのが…

牛バラ入り卵麺 特製シャンタン・スープ仕立て

シンプル・イズ・ベスト!余計なアレンジなし!

スープの香りもアジア独特のクセがなくて、食べやすそうです。

秋の夜に歩いたり並んだりで冷えた体に、さっそく一口目を…。

まっちゃん.
これは!!!!!!!

麺とスープの味を舌で感じた瞬間に、脳みそまでビビビッと何かが走りました。

美味しい!!!!!!!

まず、卵麺は、初めて食べるはずなのに、まったく違和感なく舌に馴染む、どこか懐かしい味。

勇気を出して、誤解を恐れずに表現するならば、日清カップヌードルの死ぬほど美味い版。

自分の語彙力のなさに愕然とするのだけど、率直に浮かんだ感想がそれだからお許しを…。

ちなみに、日本に戻ってから久しぶりにカップヌードルを食べてみましたが、この表現は当たらずとも遠からずかな…というのが自己評価です。夫の共感は得られず。

かなり苦手なパクチーがネギに混じってたけど、それでも食べるのはやめられない

そして、スープとよく絡んで、食べ応えもある、平打ち麺。

香港の他の店で食べたワンタン麺は、麺が細すぎてちょっと物足りなかったのですが、

ここの麺は、味も食感も、とっても満足感がありました。

 

スープはあっさりスッキリしてて、讃岐うどんみたいに毎日食べたくなる感じ。

「素うどん」みたいな状態でも、何倍でもいける最高の組み合わせなのに、

トッピングのじっくり煮込んで旨味がギュッと詰まったほろほろ牛バラ肉との相性もまた最高で…ううっ(慟哭)。

 

ラーメンの類はあまり興味がなくて年に何回かしか食べない私が、香港にて陥落いたしました。

 

まっちゃん.
やっと会えたね…!!

そんな言葉を心の中で繰り返しつぶやきながら、5分もせずに平らげてしまいました。

▼香港行きツアーを探す▼


忘れられず、最終日にもう一杯

夫も私も、この味が忘れられず、旅行最終日にもう一度食べに行くことに。

お昼の12:30〜 営業開始です

お店が開く前から、もう行列!

しかも、前回来たときよりも長い、30mくらいの列ができています。

まっちゃん.
いくら回転の早い店とはいえ、これはちょっと待ち時間覚悟だな〜

…と思いきや、店員さんの神采配で開店と同時にするすると列が進み、

2階席(店内がこんなに広いとは!)に開店1巡目で座れました。

牛バラ入り卵麺 特製シャンタン・スープ仕立て

前回と全く同じメニューを注文。冒険はしません。

それと、店の大将が自ら茶葉の配合を考えているというアイスミルクティーを注文。

日本の店ならゆっくり食後にいただきたいところですが、ここでは麺と同時にオーダーしました。座ってはいるけど立ち食いそば的な、サッと食べてサッと出るべきお店ですから。大人数が一気に来ても、てきぱきと捌く店員さんも見物です。

茶葉の味が濃くておいしい!濃厚さと甘みのバランスもすごくいい。

これがチープなプラスチックカップでザッと出されるところが、また、いい。

これ日本でぜったい流行るよ…

うん、今日も、間違いない。美味しい。

しかも、甘いミルクティーとの落差が、意外と合うかも。

まっちゃん.
この麺のおかげで100点の旅行になった。でも、次はいつ来れるんだろう…

まさかお気軽香港旅行で、しかも料理を相手に、一期一会を噛みしめることになるとは。

本当にいい旅にしてくれてありがとう、とお礼を言いたくなる、最高の一杯でした。

階段に無造作に積み上げられていた卵麺。香港で大人気の出前一丁ともまた違うんだよなぁ。いい麺でした。

九記牛腩

住所:21 Gough Street, Central, Hong Kong
営業時間:12:30〜22:30
アクセス:香港MTR 上環駅(Sheung Wan Station)より徒歩6分

▼香港行きツアーを探す▼


まだまだあります!香港グルメおすすめ店

写真とお店情報だけの紹介になりますが、この2つのお店もおすすめです。

日本人好みの味で、外れがないと思います。

羅富記粥麺專家

お粥と一緒に食べるという揚げパン。単品でつまみ食いしても、目を見開く美味しさ。

なみなみと盛られた、お粥。やさしい味もいいし、揚げパンとの相性も最高!

ローカルの人たちが朝ごはん食べてて、いい雰囲気です

羅富記粥麺專家
住所:中環皇后大道中144號金利商業大廈地下
営業時間:7:00〜23:30
アクセス:香港MTR 中環駅(Central Station)より徒歩7分

蓮香居

朝食の時間からこの活気!常連ぽいおじいちゃんグループは、店の中で随時集合って感じだった。

ワゴンで運ばれてくる料理を、指差しで注文しました。紙に記入するオーダー方法より楽かと。

ほっかほかだし、種類豊富だし、回ってきたワゴンに何が乗ってるかもワクワクで楽しい!

有名店の姉妹店だそうで、味も雰囲気もとてもよかったです。

蓮香居
住所:上環德輔道西46-50
営業時間:6:00〜23:00
アクセス:香港MTR 港島線(Island Line) 西営盤駅(Sai Ying Pun Station)より徒歩8分

▼香港行きツアーを探す▼


今回の旅行は、この2冊のガイドブックを参考にしました。

ネット環境を気にせずに地図や情報をチェックできるので、やっぱりガイドブックは便利!

▼こちらの記事もおすすめ▼

【はじめての香港】行ってよかった!おすすめ観光スポットランキング【前編】

2018.01.25

【はじめての香港】行ってよかった!おすすめ観光スポットランキング【後編】

2018.01.28

今さらbills(ビルズ)にパンケーキを食べに行く人に伝えたい3つのこと

2018.01.04
このブログは、3日に1回、夜20時に更新中。
更新情報はTwitter【@futtekonai】でお知らせ!

ABOUTこの記事をかいた人

「私の人生こんなもんじゃない!」と思いつつも今はくすぶってるアラサー女子へ。あなたの背中を押す一冊をブックレビューで紹介します。忙しい人もスラスラ読めてわかりやすい記事を書きます。趣味でコミュニケーションツールとして手相を勉強中。本業は法人・個人サイトの文章を取材執筆するライター。目標はブログ月収10万円|1986年生